塗装ブース|イシダボデー

イシダボデーの塗装ブース

イシダボデーの塗装専門設備

title_paint

イシダボデーでは、塗装に水性塗料を使用しています。実は板金塗装のほとんどが未だ油性であり、有機化合物を含む「有機溶剤」です。昨今では環境問題に配慮して自動車メーカーの生産ラインでも、水性塗料の使用が増えてきています。そうなると、板金後の塗装も水性塗料が望ましいのです。
そこでイシダボデーでは、油性塗料から水性塗料へ全面移行を行いました。移行と言っても塗料を変えただけではなく、水性塗料専用の温度管理マシンを導入しました。
また、全面移行に合わせ、塗装ブースをリニューアルしました。塗装の大敵であるホコリを徹底的に除去すべく、空調設備を改善しました。その他では、他社に先駆けて測色機を導入し先進の塗装環境が揃っています。

塗装ブース

塗装ブース
水性塗料導入に合わせて塗装ブースを全面リニューアルしました。大型車でも余裕のかなり広々とした塗装ブースに加え、空調も完備。ブース上部から空気を送り、下部へ抜き出すシステムでホコリを除去します。コンプレッサーから取り込む空気にもホコリが混じっているので、これも徹底的に除去します。

水性塗料

水性塗料
水性塗料はドイツのスタンドックス製を使用しています。スタンドックスは1955年、ドイツに設立し、1980年には世界初となる水性塗料を発売したメーカーです。水性塗料であるスタンドブルーは2012年に発売され、世界各国の最前線で使われています。水性塗料は気温0度以下になると凍ってしまうので、専用マシンを導入し温度管理を行っています。

塗装機器

塗装機器塗装機器
圧力を測りながら塗装する専用のSATA製ガンをはじめ、数多くの塗装専用機器で塗装を行ないます。

コーティング剤

塗装について
KING VEIL(キングベール)、G'ZOX(ジーゾックス)、CARBON FLEX(カーボンフレックス)、chemicalGUYS(ケミカルガイズ)、smartwax(スマートワックス)、Hi-MOHS COAT(ハイモースコート)

コーティング

コーティングついて
愛車はいつまでもキレイでいたいもの。
イシダボデーはリアルガラスコートの中から、お客様に合わせて施工いたします。リアルガラスコートは強靭な被膜で”5年間”美しいボディをキープします。ガラスコート以外にも多くのメンテナンス製品を取り揃えております。ウィンドウガラスコート・ホイール・キャリパーコートもございます。